住宅地高騰

こんにちは。ブログ担当の下門(シモジョウ)です。お昼はすっかり暑くなりましたね。

 

先日、沖縄県の地価公示上昇率が住宅地、商業地で初の一位になった、との新聞記事がありました。要因の一つとして人口増が影響していると思うのですが、土地の価格が上がると当然、マンションの価格も上がります。

 

住宅ローンが1%を切る「低金利」と「住宅ローン控除」による還付が大きく、県内のマンション販売は活況で買い控えなどはおきていません。

 

また、土地の価格が上がる=需要がある、という事なので自身で所有しているマンションを賃貸、売買に出す場合もあまり値下がりしない、という事にもなります。

 

沖縄県への移住者、観光客も増えていく今後、県内の不動産事情がどうなっていくのでしょうか。興味があります。

 

 

 

 

前のページへ戻る