住宅モデルルーム見学の心得

 

こんにちは。ブログ担当の安里です。
落ち着かない天気ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は「住宅モデルルーム見学の心得」をお伝えいたします。

 

新築物件購入の際、実際のお部屋を見学できない場合がありますよね。
そこで、多くの方が実物を再現したモデルルームを見学に訪れます。
その際、どういった心得があれば、実りある見学になるのか。
今回はその部分にフォーカスしてみようと思います。

 

住む人全員で見学しよう

 

住宅購入者のほとんどが、ご家族と住まわれると思います。
「あ、この物件いいな」と思い、一人で見学に行ったものの、
「あれ?学校区が違うな」「周辺環境はどうだろう?」等、
住む方それぞれに違った条件が出てくることがあります。
また設備、間取り等も気になるポイントは人それぞれということもありますよね。
なので、モデルルームへの見学はできるだけ住む方全員で行かれることをおススメします。

 

購入予算を把握してから見学を

 

最上階、海が見える部屋、角部屋、ルーフバルコニー付住戸、駅が近い立地。
好条件を挙げればたくさんありますよね。
ただ、現実的には条件のいい住宅を購入するにはそれなりの資金、収入が必要です。
理想の住宅ですので「背伸びしたり、無理したりして将来支払いできない」
ということにならないようにしたいですよね。
ご自身の予算を見学の事前に把握しておけば、
営業担当者との話も具体的になるはずです。

 

建設予定地を確認してから見学を

 

モデルルームと物件の現地が離れていることはよくあることです。
事前に現地を確認されて、周辺環境を見てからモデルルームに行くと、
営業担当者に具体的な質問ができますよね。
実際に現場で気になったポイントを聞ければ「あれ?これってどうだっけ?」
ということを少なくできそうです。

 

気になることは積極的に質問しよう

 

見学して感じたことや疑問に思ったことは、
その場で営業担当者に質問した方がいいです。
モデルルームでの営業担当者とのお時間には限りがある場合がほとんです。
貴重な時間ですので、遠慮せず積極的に質問しましょう。

 

見学後は家族会議を

 

モデルルームでは華やかな雰囲気に誘惑され、
つい「買いたい!」と思ってしまうことも。
ポイントは、家族で時間を設けて、
冷静になってから意見交換をした方がよさそうです。
「雰囲気に流され購入申し込みをしたが、やっぱりやめたい」
ということにならないようにしたいですね。

 

即決じゃなく、他社も比較して検討しよう

 

物件に一目ぼれ。
よくあることですが、購入した後に後悔なんてことも。
低層階、高層階、大規模型、1フロアー2邸、タワー型等、
それぞれの物件によって、メリットやデメリットはあります。
一目ぼれだけで、大きな買い物をしていいのでしょうか。
よく考えて、比較検討してみることをおススメいたします。

 

今回は、モデルルーム見学の心得についての記事でした。

住宅は大きな買い物です。
モデルルーム見学の際は、収穫のある機会にしたいものですね。

 

 

前のページへ戻る