きになる消費税増税②~消費税8%→10%でいくらかわる?~

こんにちは。ブログ担当の安里です。
寒さもだんだんとやわらいできていますね。

 

さて今回の記事ですが、
きになる消費税増税」シリーズ第二弾!
消費税が10%に増税になった場合、どれくらい金額がかわるのか。
をお届けいたします。

 

新築マンションの場合、価格は消費税込みで表示されていることが多いです。
ただ、今回注目するのは消費税、実際に消費税がかかるのは「建物価格」だけで、
土地分にはかかりません

表示されている価格のうち、消費税額がいくらなのか、
建物価格と土地価格の内訳がどうなっているのかは、
実際にモデルルームで聞いてみないと分からないことが多いですね。

 

下記一例として、建物価格が全体の60%と仮定して試算してみます。

 

【例】物件価格:3500万円

税抜価格3500万円、消費税率8%の場合、
消費税は「3500万円×60%×8%=168万円」となります。
一方で、消費税10%の場合、
消費税は「3500万円×60%×10%=210万円」となります。

「210万円-168万円=42万円」

つまり、同じ物件でも、消費税増税前後で42万円の差額が生じることになります。

※物件価格、各企業での建物価格及び土地価格の差異によって、
 上記試算とは異なる場合がございます。

 

同条件の物件なのに、価格が違う。
購入を考えていらっしゃる方からすれば、購入のタイミングは早い方が得!
なのではないでしょうか。

 

 

前のページへ戻る